上場不動産投資信託の様々な種類

上場不動産投資信託には様々な種類があります。

1つの分類の仕方にエリアによる分け方があります。
銘柄によっては東京に集中投資をしているものもありますし、東京に限らず、各地方都市に分散投資をしているもの、あえて東京を外して他の地方都市に集中的に投資をしている銘柄もあります。
そのため、いくつかの銘柄を保有すれば、各地方都市に分散投資をすることが可能となります。


さらに、物件の種類によっても分類することができます。

千葉の弁護士情報探しのサポートをいたします。

ファミリータイプマンションに投資をしているものもあれば、オフィスビルに投資をしている銘柄もあります。
スーパーマーケットが入居する商業施設を保有している銘柄もあります。
最近では、物流施設に投資をしている上場不動産投資信託が相次いで上場されました。

京都の弁護士のマニアックな情報をお届けします。

個人にとって、オフィスビルや物流施設は気軽に投資をすることができるものではありません。

仮に保有できたとしても、その運用ノウハウがありません。

神戸の相続の相談ならココです。

しかし、上場不動産投資信託を保有すれば、これらの物件に間接的に投資をすることができますし、運用も不動産投資のプロ集団に任せることができるのです。

東京の超高層オフィスビルに投資をするということも上場不動産投資信託であれば容易なことです。
投資額も実物不動産への投資に比べれば少額で済ますことができます。

最新の京都の相続情報に関する耳より情報を公開しています。

平成25年5月末日において39銘柄が上場されていますが、そのほとんどの銘柄が数万円から数十万円で購入することができます。

アベノミクス効果によって地価公示価格が上昇し不動産投資をお考えの方もいるはずです。

しかしながら不動産は即座に売り、買いができるものではなく売買手数料や登記手数料が割り高で頻度を増やしておこなえるものではないのです。

評判が高い相続放棄のための相談に関してお困りですか。

そこでお勧めしたいのが、不動産投資信託に投資することです。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA

不動産投資信託はアメリカが発祥で日本では2001年に解禁された金融商品のことです。
一般的にリートと言われることが多く、その仕組みとしては投資家から集めた資金を元に賃貸物件を取得して賃料から出た収益の多くを投資家に還元するものです。

そしてリートの最大の特徴として言えることが株式市場に上場しているので、市場が空いている時間であればいつでも売買でき、即座に投資資金を現金化することができることです。

http://news.mynavi.jp/articles/2016/07/14/dokushin/

現物不動産の場合ですと、売りたい時に買い手がなかなか見つからず、買い手が見つかっても即座に現金化できないので流動性不安が常に付きまといますが、リートであれば朝買い付けたものを昼に売って現金化することもできるんで投資家にとって大変利便性が高いはずです。
これから不動産に手元資金の一部を投資しようとお考えの方は、リートに投資するんが一番のはずです。


分散化された物件から収益を得ることができ、極めて高い流動性を保っているので投資先とこれほどいい物件はないはずです。


まずは証券口座を開設して、早速リートに投資してみることを強くお勧めいたします。

http://tmall.tsite.jp/campaign_p/hikaku/insurance/

関連リンク

株式投資で銘柄を見つけるとき

風が吹けば桶屋が儲かる、ということわざがあります。株式投資で銘柄を見つけるときも、このような考え方を応用できることがあります。...

more

投資に近い方法がいいのかもしれない

投資と投機は違うのだと言われます。重なる面もあるのでしょうが、投機というのは、短期間に相場の上げ下げをうまく利用して利益を得る行為であるのに対して、投資は長期間に少しずつ、投資した対象の成長と共に緩やかに資産を増やしていくイメージがあります。...

more
top