不動産投資をして物件のオーナーになろう

最近は景気回復の兆しが見えてきたので、地価価格が上がり始めてきたので不動産投資を考え始めている方もいるはずです。
しかしながら不動産に直接投資するには物件の精査から、取得後の登記手続きなど個人で行なうには手間も時間もかかりすぎてしまうのでなかなか投資に踏み切れない人も多いはずです。

そのような方にお勧めなのが、不動産投資信託に投資してみることです。
不動産投資信託とは一般的にはリートといわれているもので投資家から集めた資金でオフィスなどのはいる賃貸物件を取得し、収益の多くを投資家に分配する仕組みの金融商品です。



リートは株式市場に上場しており、最小投資金額としては5万円以下で投資できるものもあり小額投資で間接的にではありますが不動産物件のオーナーになることが出来るのです。
現物物件を取得しようすれば、一件当たり最低でも数千万単位の現金が必要ですが、リートに投資すれば100万円もあれば数十件の物件オーナーになることが可能であり手間がかからないので大変お勧めです。
間接的ではありますが小額でオフィスビルのオーナーになれるわけですから投資している実感が得られるはずです。リートに投資するためには、証券口座が必要なのですぐに口座を開設し、自分の気に入ったリート銘柄に投資してみることをお勧めいたします。

不動産投資は難しいのではなく上手く分散投資できるものに投資すればリスクは軽減できるのでリートのような商品に投資することで上手に投資できます。

私は6年前から投資信託をしています。



海外REITです。

直接物件を所有する大家さんではなくて不動産を小口の債券にしたものを購入している形となります。


ボーナスのたびに追加投資してもう800万円投資しています。もともと投資信託は老後の年金対策のためにはじめました。毎月の分配金目当てです。



日々の相場で時価が上下しますが、さほど気にしていません。投資信託の素晴らしい所は、毎月の分配金が相場に関係なく安定しているところです。安定した分配金が支払われるので計画的な資金計画が立てやすいメリットがあります。現在、毎月の分配金は11万円です。
最近は不景気で給料がカットされているので、この毎月の分配金はとてもありがたいです。



同僚が資金的に困っている中、私は毎月分配金という副収入があるので、生活にかなり余裕があります。
現在の時価では、85万円追加投資するたびに分配金が1万円増えます。



つまり、夏冬のボーナスのたびに85万円を追加投資すれば、毎年2万円分配金が増えるのです。
来年の今ごろには毎月の分配金が13万円になっているはずです。
この分配金の用途は、日常の消耗品の購入に充てています。

つまり給料を貯蓄に回して分配金で生活をするようにしているのです。毎年分配金が2万円増えているので、年々毎月の生活が2万円ずつ楽になっています。



不動産投資は、古典的な投資方法です。時代の変化に左右されない安定的な収益を得ることができます。



国内は人口が減っていますが、海外ではまだまだ増加しています。



人口増加の分だけ、不動産市況は成長し続けます。

海外不動産市況は益々活況になるでしょう。


関連リンク

不動産投資で大儲けしてみよう

昨年の衆議院選で自民党が圧勝し、発足した安部政権の下アベノミクスと呼ばれる経済対策がおこなわれています。アベノミクス効果によって高級マンションなどが飛ぶように売れ始め地価も上がり始めています。...

more

積極的に資産運用する

資産運用をむやみに怖がる人がいますが、とてももったいないことです。貯蓄のつもりで保険に入ったら保険会社が倒産して紙切れになってしまったとか、購入していた株式が値段が下がって投資した資金が半値になってしまったとか、投資にはあり得ないことではありませんがだからといって資産をそのまま置いているだけでは増えません。...

more
top