間接的な不動産投資の分配金

6年前から投資信託をしています。

ボーナスのたびにこつこつ再投資をして約800万円投資しました。


投資信託は、海外REITです。
REITですから間接的な不動産投資です。しかも為替に連動する金融商品になります。
新政権が発足し急激な円安が進行しました。
これに加えて米国の好景気で元本は約2割増加しました。現在投資信託で毎月11万円の分配金をいただいています。この11万円は、ちょうど住宅ローンと管理費と駐車場代の合算とほぼ同じ金額です。


すなわち現在私の住んでいるマンションは、この間接的な不動産投資の分配金で支払われているという格好です。
これからもボーナスのたびに投資信託に再投資する方針です。

今のペースで毎年2万円分配金を多くもらえる計算です。

すなわち来年の今ごろには毎月13万円の分配金をもらえることになる目論見です。


60歳定年であればあと17年、65歳で定年の時代になればあと23年勤務することになります。単純計算で、あと23年後には毎月57万円の分配金をもらえる計算です。
不動産投資は、副業禁止のサラリーマンにとってありがたい副収入です。


また株と異なり日々の相場で一喜一憂することはありません。日々元本は変動しますが分配金が安定しています。

これがREITの素晴らしいところです。世界中の不動産の家賃を原資とするのがREITの特徴です。

昨今、日経平均は大きく変動しますが、私は海外REIT一本で資金を運用していきます。


株の取引を行ないたいなら証券会社の口座を開設することが必要ですね。
みなさんは投資に興味があるでしょうか。

将来のことなどを考えてみても、ある程度の老後の資金などが必要になってくるのではないでしょうか。

手持ちの資金を銀行に預けていただけではお金はあまり増えることはないですね。
将来のことを考えるならば株などの投資によって資産を増やしていくこともまた一つの方法かもしれませんね。


株の取引をおこなうならばどのようにしたらいいのでしょうか。それは証券会社に口座を作ることから始めましょう。


それによって株の取引をおこなうことができるのです。
証券会社はどのように選んだらいいのでしょうか。

やはり自分にとってメリットのある証券会社をえらぶことが大切なのではないでしょうか。
たとえば取引での手数料ですとか、その投資にツールですとか、情報量、資産の相談をしたいならそのような証券会社を選んでいきましょう。今から証券会社に口座を作るならおすすめなのがインターネット証券会社なのではないでしょうか。インターネット証券会社にはどのようなメリットがあるのでしょうか。やはりなによりも株取引の手数料が安いことなのではないでしょうか。

株を取引して多くの人が思うこととして手数料の負担があります。株価は買値よりも上回っているのに、手数料を考えるとまだ利益がでないなんてことは多いでしょう。

その手数料がすこしでも安ければそのような心配は少なくなるのではないでしょうか。インターネット証券会社ならその手数料が少しどころではなく、一般的な証券会社に比べて、かなり安くなっています。

ですから一つの方法としてはリアルタイムでの短期的な株の売買なども可能になってくるのです。

インターネットの証券会社はいろいろなメリットがあります。
これから株を始めるならぜひおすすめですね。
自分に合う証券会社をみつけて投資をはじめましょう。ただし投資ではリスクも考えておくことも大事ですね。

千葉県の弁護士が有名になってきました。

新しい相続放棄の手続きの情報を確認できるサイトです。

新宿の不動産の弁護士に関する情報を提供中です。

京都の離婚情報を簡単に請求できます。

大阪の相続に今、注目が集まっています。

https://matome.naver.jp/topic/1MAvb

http://girlschannel.net/topics/526773/

http://www.mbs.jp/news/national/20160602/00000025.shtml

関連リンク

積極的に資産運用する

資産運用をむやみに怖がる人がいますが、とてももったいないことです。貯蓄のつもりで保険に入ったら保険会社が倒産して紙切れになってしまったとか、購入していた株式が値段が下がって投資した資金が半値になってしまったとか、投資にはあり得ないことではありませんがだからといって資産をそのまま置いているだけでは増えません。...

more

投資を始める前にマネーセミナーへ

お金に関する知識はビジネスに限らずプライベートな現場でも十分に役に立ちます。このような知識をリタイア後に活用するよりも、むしろ若い頃から活用することで仕事で得られる報酬を上手に運用する事ができるようになります。...

more
top