投資に近い方法がいいのかもしれない

投資と投機は違うのだと言われます。

重なる面もあるのでしょうが、投機というのは、短期間に相場の上げ下げをうまく利用して利益を得る行為であるのに対して、投資は長期間に少しずつ、投資した対象の成長と共に緩やかに資産を増やしていくイメージがあります。現在書店に並ぶ本のほとんどは投資ではなく投機について書かれています。

大阪の弁護士に関する詳細です。

そうした本では、投機にもメリットが多いのだと主張されています。


例えば株の場合を例にとってみると、10年後のある株の株価を予測するよりも1分後の株価を予測するほうが簡単だ、としています。


また、どんなに長くても、その日の終わりには決済してしまえば、損失を被っていたとしても、損失額が限定されるのです。
例えば日本のバブル期に株を購入して、現在まで保有し続けていれば、ほとんどの場合損失は莫大なものになります。

千葉県の弁護士情報を選びました。

デイトレードであれば、損をしても1日分の値下がり分しか損失を被らない、という主張です。


こうした主張は納得のいくものもありますが、実際に短期売買に取り組むとかなり難しいことに気付かされます。
私は10年後の株価はわかりませんが、かといって、1分後の株価も正確に予測はできません。
確かに上値メドはいくらくらいで、下落してもこのくらいだろう、と予測することはできます。

しかし、そうした予測の範囲内で利益を出し続けていくのは至難の業です。

相続放棄の専門知識を身につけましょう。

特に超短期の売買となると、相場の流れすら読みにくいことがほとんどです。

幅広い分野の視点から千葉市の弁護士のお役立ち情報を公開しています。

長い傾向としては下落傾向だとか、上昇トレンドにある、ということが見えていても、例えば1分足や5分足チャートでは確かなトレンドは発生していないことも多くあります。

最近は株式投資の場合は、1日定額の手数料システムなどもありますが、一般的に言えば、頻繁に売買を繰り返すほど手数料が嵩むのも確かです。

頻繁に売買すれば損失を限定でき、容易に薄利を積み上げていけるように思えるかも知れませんが、実際には頻繁に相場に出入りすると、より不確かな売買サインに従ってエントリーするので、損失を被ることが多くなるのです。
投資ではなく、投機というのは、ある意味、金融商品を売り出すための宣伝材料なのかもしれません。投資というのは、どれだけ儲けが見込めるか、ということ以外にも、撤退するときのことを考えておかなければなりません。日本はお隣の大国、中国に相当な投資をしてきましたが、これが今、大変なことになっているようです。

納得の横浜の法律相談についての情報を提供しています。

最近起きた反日デモは私たちに鮮烈な印象を与えましたが、そうなる以前から中国でのビジネスは次第に変化してきていたようです。


中国は人口が世界一多い国で、マーケットとしての魅力がありますが、世界の製造工場として長年、安い労働力が魅力でした。
これを目当てに多くの日本企業が中国に投資し、進出して行ったのです。

http://smany.jp/11171

しかし、中国の人件費はこの10年ほどで数倍高くなっているのです。

更に以前はなかったような制度も作られました。

今では従業員を解雇するときには、日本で言う退職金のようなものを支払い、次の仕事が見付かるまでの経済的な手助けをしなければならないのです。

また、廃業するに当たっては政府に廃業許可をもらわなければならず、申請してから廃業許可が出るまでに2年くらいかかることは普通なのです。


こうして中国から撤退しようにも撤退できない企業が続出して、収益が悪化した状態のままズルズルとビジネスを続けているケースも多いのです。

強引に撤退しようとして、中国人労働者たちから監禁されている日本人経営者たちも多くいます。

https://allabout.co.jp/gm/gl/936/

中国における日本のビジネスはもはや泥沼状態です。


株や為替、債権などの金融商品の投資でも、儲けの見込みと同時に流動性が重視されます。

つまり、売りたいときに売れ、買いたいときに買える商品であることが重要なのです。

外国への投資にも同じことが言えるのではないでしょうか。

http://news.goo.ne.jp/topstories/bizskills/103/3432c21268c321be4d64e4b5f34c74b4.html

高値をつけた株は急速に落ちていきますが、このときに流動性の低い銘柄であれば、売りたくても売れないことがあります。


このような銘柄はやっと売れたときには信じられないくらいの安値になっています。
中国への投資でも流動性が低いことで、撤退しようにも撤退できずに大損を被るケースが今後益々増えていくのかもしれません。


関連リンク

投資を始める前にマネーセミナーへ

お金に関する知識はビジネスに限らずプライベートな現場でも十分に役に立ちます。このような知識をリタイア後に活用するよりも、むしろ若い頃から活用することで仕事で得られる報酬を上手に運用する事ができるようになります。...

more

積極的に資産運用する

資産運用をむやみに怖がる人がいますが、とてももったいないことです。貯蓄のつもりで保険に入ったら保険会社が倒産して紙切れになってしまったとか、購入していた株式が値段が下がって投資した資金が半値になってしまったとか、投資にはあり得ないことではありませんがだからといって資産をそのまま置いているだけでは増えません。...

more
top